2017/04/14

ZO-3改造 まとめ報告

このたび完成した、ねぎとろカスタムZO-3
改造箇所と反省点をまとめてみます

170409-16580120170414zo001.jpg

改造箇所
GOTOH  SG381マグナムロック・トラッド
SCUD SR-GB25C ストリングリテイナー
GIBSON ギブソン ミニハムバッカー リアー IMMHT-CH
高輝度ブルーLED
スピードノブ パステルブルー
紫系メタリック塗装

改造費用は大体、元となったZO-3が新品で1本買えるくらい
個人的には安く収まった印象

反省点を振り返ると、塗装剥離を自分でやったわけですが
一か所削り過ぎたとこがあって、そこが角度によっては若干塗装が波打って見えるのよね
170409-19462220170414zo003.jpg
まぁ角度によってなんで、パッと見は判り難いかもしれないけど
職人魂的に100%の完成を目論んでいただけにここは反省点

原因はすぐあぁあれのせいかと気づいたんだけど
元々買った時から下地に傷が入っていたようで、そこにパテが盛られて塗装してあったのよね
170315-15262120170414zo005.jpg

研磨したら綺麗になるから調子こいて磨いてたんだけど
何度もその箇所だけ磨いたから、そこだけ少し窪みができたような感じになっちゃたんでしょうね
本当にほんの少しなんだけどね、それが仕上げに影響でちゃいましたね
下地の重要性が身に染みるね(;^ω^)
170315-16053920170414zo006.jpg

あとはスピーカーグリルが若干ムラがあるかな
穴が小さいから目詰まりして塗料で塞がっちゃったりしてね
塗るのも難しかったのかもしれないけど
これは頼んだ塗装屋さんの仕事の範疇ね
170409-16594620170414zo002.jpg

ボリュームのノブをパステルブルーにしたけど
同系色だとアクセントないかもね、単品で見ると綺麗なんだけどね
これはいつでも換えれるから保留


そしてLEDが明るすぎ(笑)
ベッドの下とかに向けるとこんなに照らされる
なんとなく電池の消耗が凄そうな気がする…
実際、まだ消耗はわからんけどね
170414-20070620170414zo004.jpg

この私のZO-3タイプは常にLEDが光ってるのよね
機種で言うとディストーションスイッチが付いてるモデルかな

本来はそのスイッチの箇所が電源スイッチになってて
オンにするとスピーカーがオンになってLEDも点灯するんだけど

私のモデルはボリュームが0の時はオフ
1以上に上げるとLEDが点灯して、シールド挿してない時にはスピーカーから音が出て
シールドを挿すとスピーカーからは音がでなくなるのよね
なもんでアンプに繋いで弾く時もLEDは常に点灯

まぁそういう仕様だからこそLEDの色変更したんだけどね( ^ω^)


というわけで満足度は満点ではないね(ノ∀`)タハー
気に入ってますけどね

そうそうロック式ペグ最高( ´∀`)bグッ!

近いうちなんか音源アップしたいとこですね
結構、いい音する!    気がする( ´ノД`)コッソリ

スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

2017/04/10

GOTOH  SG381マグナムロック・トラッド

さ~て今回のZO-3は
小物パーツの到着を待ちで後回しにしていたペグ交換

純正のペグはこちら
ロゴはなくメーカー不明、昔のZO-3だとgotohがついてるんですけどね

過去に所持していたバッカスの安ギターや中華製ミニギターのペグと比べたら
実際に使用してみた感じZO-3のこの純正ペグのほうが使えるという印象です
170407-20070820170410zo002.jpg

今回これを、常々ロック式ペグ最高!と隙あらば記事に書いている
ロック式ペグ大好き人間なのでZO-3にもつけちゃいます

今回チョイスしたのは
GOTOHのマグナムロックのトラッドというタイプです

トラッドとは弦交換の際、ロックを手締めできるタイプですね
私の使ってるSuhrと同じタイプです。
SuhrのペグもロゴはSuhrになってますが中身はGOTOH製品のようです

170407-20115720170410zo001.jpg

3個だけ緑のシールが貼ってありますが
これはペグのシャフトの高さが2種類ありまして
短いほうに緑のシールがはってあるようです
170407-20131320170410zo003.jpg

1,2,3弦のほうのシャフト高さを低くしてテンションを稼ぐのかな?たしか、うんタブンそう
ZO-3やストラト系のてヘッドのとこに弦をヘッド側に低く押さえつける金具が大体ついてんだけど

Suhrなんかはシャフトを低くしてあるので
ヘッドにストリングリテイナーついてないもんね
a170407-20134920170410zo001.jpg


では、取り外し~の装着!

170407-20214720170410zo004.jpg

特に加工もなくポン付けできます
ビスはZO-3に付いてたのをそのまま使用しました

左がマグナムロックトラッド、右が交換前の純正
シャフト高さの違いがわかるでしょうか
v20170410zo001.jpg

つーわけで、過去にもZO-3 ストリングリテイナー交換で付けた
ストリングリテイナーはいらないなとも思ったんだけど
今回買ってしまったのと、つけとかないとビス穴が目立ってしまってのぉ
170409-16431220170410zo007.jpg

埋めるのもちょい面倒だしじゃぁつけとくか的な
見える場所のビス穴放置は職業柄許せないのよね、というかありえないのよね(;^ω^)
埋めるか隠すかどっちか!

で、こうなった!!
170409-16533820170410zo008.jpg

これは、音や見た目というより実に実用的なパーツ
交換最速すぎて弦交換も楽しい(ΦωΦ)フフフ…

いちおう、ロック式ペグはこんなのだよという
動画を昔作ったので、知らない方は参考にどうぞ( ^ω^)




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

2017/04/08

ギブソン ミニハムバッカー

現在改造しているZO-3は、イメージしたモデルがありまして
改造前はZO-3 1956GTという商品名からわかるとおり
1956年製のレスポールゴールドトップをイメージしたモデルとなっておりました

これね、画像は厳密には56年製じゃなく現代版ですが
ピックアップがP90でゴールドトップ
a20170408zo001.jpg

そして、それをZO-3でイメージしたのが
改造前のこの私のZO-3
20161125z001.jpg



ある時、ROLLYの持ってるペルハムブルーのデラックス見て
かっこええやん( ^ω^)と思ったのが改造計画の始まり
R20161122001.jpg

まぁ知らない人が見たら色が違うだけじゃんと思うでしょうけど(笑)
色以外で1番の違いはピックアップですね
P90に対して、こちらはミニハムバッカーが搭載されてます

なもんで、今回の改造の1番の肝の部分


ギブソン ミニハムバッカー!
20170408zo001.jpg

つーか見た目だけならノーブランドの安いやつとかでも良かったんだけどね(ノ∀`)タハー
まぁせっかく色も塗った事だしね( ^ω^)


ギブソンピックアップの配線単芯ですね
単芯のピックアップは初めてなんで
20170408zo002.jpg

2か所のコネクタに挿したいのに
一瞬、え、どうなってんのコレ?状態

中央の心線がホットで外側のアミアミの被膜がコールドなんですね
うちのZO-3は心臓部が基盤なんで先端にコネクタコンタクトを装着します
(ZO-3のピックアップ、スピーカ接続等に使用されてるのはXHコネクタ )
v20170408zo002.jpg

この仕込を終えとけば、簡単にコネクタの抜き差しで
今後も元々ついてたP90タイプと
気分によってお気軽に入れ替えできますね

ZO-3ボディ側はP90とビス止めの位置が違うので
下穴を開ける必要があります
穴開けたくない場合はマウントステーをかます方法もありますけどね
v20170408zo001.jpg

このタイプのミニハムはビス2本でエスカッションとピックアップ両方固定なので
ピックアップ高さ調整はこの状態でエスカッションごと上下する感じですね
このへんがちょっと独特ですね

基盤側ごちゃごちゃしてるけど、ひとまずテストせんとね
ピックアップをドライバーの先端でコツコツ軽くたたくと音がでるから
ちゃんと繋がってるかはわかるんだけど
20170408zo003.jpg


やっぱ私的には弦をとりあえず張るのがわかりやすい
溜まりにたまった使用済み弦がここで役に立つとは( ^ω^)
20170408zo004.jpg

張ってテストして最初に気付いたのが音がでなくなったり
ノイズがとんでもない多さ
交換前のP90の比じゃないくらい煩いノイズだし
ピックアップに触れるとノイズ増幅するからなんかミスってるな(;^ω^)

音がでなくなった原因は
ピックアップのコールド線が基盤に接触してた(ノ∀`)タハー
これは過去に配線弄った時もポットが他の部分に接触して
音が出なくなったからすぐに特定できた( ^ω^)

そしてノイズの原因も驚くほど簡単な事が原因
コネクタに挿すアースとホットを入れ替えたら消えた
たったそんだけ(ノ∀`)タハー

ZO-3これでまだ完成じゃないのよね(ΦωΦ)フフフ…

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

2017/04/04

ZO-3 LED リベンジ

注文していたLEDが到着してただよ( ^ω^)

本日のタイトル、なぜリベンジかというと
半年ほど前、別のZO-3だけど
紫のLEDに交換しようとしたんだけど点灯しなかったのよね

LEDはどうやら抵抗値を合わせないといけないようで
電球のように交換でなんでもつくってわけじゃないみたいなのよね

今回はぬかりなくLEDに抵抗が付いてるタイプを購入したの巻

1本あれば充分なんだけどバラ売りがなくて10本入り
こんなにいらんですよ(;^ω^)
20170404zo001.jpg


ではさっそく作業開始

既存のZO-3LEDの配線をぶったぎってそこに繋げます
なぜ既存の配線使ったかというと基盤側に挿すコネクタコンタクトが手持ちになくてね(;^ω^)
どのみち元の赤LEDに戻すこともないし別に良いかなと
20170404zo002.jpg


繋げたところはハンダで結線して
熱収縮チューブを被せます
20170404zo003.jpg


チューブを熱せば、キュッと縮んで結線部の保護完了
20170404zo004.jpg


いざZO-3
スイッチオン!!
( ✧Д✧)
20170404zo005.jpg

ブルーアイズ!! 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

2017/04/02

ZO-3 退院

約10日ほど前に塗装の為預けていたZO-3ですが
本日完成したとの知らせを受けて取りに行って参りました!

完成は4月半ばくらいと当初聞いていたので
予定よりめっちゃ早くてびっくり

漠然と交換しようかなとか考えていたパーツとか
決めてもいないしなんも用意してないほどの不意打ちの完成


色はこちら!!
ででーん!
紫メタよりももう少し薄い感じでラベンダーメタリックで希望したのよね
20170402zo002.jpg

ほぼイメージ通りです
流石プロの仕事、自分で塗装したらこうはいかないだろうな
端のバインディング(外周の縁になってるとこ)は塗らないようにお願いしたりしてね

ピックアップのとこは前の金色のままだけど
どうせ隠れるから、自分でも剥離もしなかったし
塗らないで良いよと

工賃は16000円也
塗料代金と塗装する手間考えたら、仕上がり含めて大満足ですわ
まぁ塗装の剥離は自分でやりましたがね


とりあえずせっかく塗装完成したので
パーツ組んでいきます
スピーカーグリルも同色で塗って貰いました

20170402zo003.jpg


パーツ全部組むと大体こんな感じですかの
LEDだけ装着してないけど、LED色変更するので後回し
20170402zo001.jpg

後は肝心の弦張らないといかんけど(笑)

ビフォーアフター的なやつ
d20170402zo001.jpg
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ