2013/06/11

YAMAHA THR-10 その5 THR Editor

THR Editorが連動しない件
結局、YAMAHA側の回答では原因を特定できなかったとの事なので
しかたなくwin8の機能OSリフレッシュをあてる事に
インストール済のソフトウェアやドライバ等を削除した状態に戻り
まぁほぼ再インストールみたいなもんでござる(;^ω^)

なにが面倒てSTEAMとORIGINのゲームでござるよな容量でかいしまた落とすのが大変
とりあえずロックスミスとGRID2くらいしかやらないからまぁ良いか…


おかげでやっとこさPCと連動状態になったでござる
やはりいいですね、この機能を使わない使えないなんてもったいない

20130611thr001.jpg

具体的にはTHR Editorを使うと何ができるのかというと
本体だけではできなかった機能として

・スピーカーキャビネットの変更 6種類
・COMPRESSORの設定
・NOISE GATEの設定
・35種類のサウンドプリセットプログロム(ギター25種、ベース5種、アコ5種)
・また作成したセッティング内容を100個まで保存可能(100個中35種は上記で使用済み)
・作成したセッティングを最大5種までは本体に直接保存可能、本体側のボタン1発で呼び出し可能に
・また各種エフェクトもより細かく調整可能

ざっとこんな感じです、やはりプリセットがあると便利ですね
なかなか良い感じのプリセットが多いので、そこからちょっと調整したりして
好みの音を作ったりしてます。 相変わらずMODERNやBRIT HIで歪みばっかり作ってます( ^ω^)

初心者なんででかい事は言えませんが
本体単体だけの時に比べて圧倒的に音作りのバリエーションが広がるんじゃないでしょうか



今後はよりPCとTHR10を使った楽しみ方に特化して
USB接続での録音等の記事を書く予定でござる






スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

コメント

非公開コメント