2013/09/14

ギター弦 ELIXIR その後2

5月11日頃に張ったエリクサー弦の1弦がブリッジのとこでついに切れてしまった

4か月も経過するとピックがあたる箇所が毛羽立ってるような感じになってきてますが
切れなければまだまだ持ちそうな感じでした
20130914SOB002.jpg

サビ、黒ずみはなし
20130914SOB001.jpg

私が使用していたのはナノウェブコーティングというやつなんですが
エリクサーのコーティングには2種類ありまして
公式FAQによると

1.
ナノウェブコーティングとポリウェブコーティングの違いは何ですか?

2つのコーティングの違いは音質と感触の違いです。
ナノウェブコーティング弦はコーティングしていない弦に非常に近いものです。音は明るく生き生きとしており、コーティング層が極薄なので感触もコーティングの存在が分からないほどです。
ポリウェブコーティング弦はバランスの良い落ち着いた音、つまり普通の弦をしばらく弾き慣らした後のような音質と共に、耳障りなフィンガーノイズが極めて小さく抑えられた、非常にスムーズ感触が得られます。



また私の弦のように毛羽立ってきても


4.
コーティングが毛羽立ってきたのですが、音に影響はありますか?

エリクサーのコーティングは非常に軽い素材で作られています。 よって少々毛羽だったくらいでは弦全体の質量バランスは変わらないので、音質には影響はないといえます。




ギターの本数も増えてきて張り替えは大変なのでエリクサーはリピート決定( ^ω^)

問題があるとすれば、弦張替えの時にブリッジの下とか指板とか掃除するのが好きなので
長い事張りっぱなしになるので掃除がしにくい(;^ω^)


スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

コメント

非公開コメント