2014/02/06

Grass Roots G-T-65FR  フレット磨き&清掃

フォレストベースまずは清掃から

フレットに青サビのようなのが浮いてるのでマスキングしてから研磨
スクラッチメンダーとかフレット用の研磨剤もあるようですが家にあったピカールで十分でしょう( ^ω^)
研磨=削っているので何度も頻繁にやるとフレットがすり減るんでしょうけど
ピカールで目に見えてフレットが減るほど削るには相当気合いれて何度も擦らないとまず減らないんじゃないでしょうか
20140205bass004.jpg

フレットを磨いた後、手垢で汚れていた指板も丹念にオレンジオイルで清掃
綺麗になった!( ^ω^)
20140205bass001_R.jpg

張った弦は安さ爆発のアリアプロ2
ベース弦て高いんですよね、エリクサーだと4000円近く(;^ω^)
ベースの弦交換初なので、まずは安い弦でどんな感じか様子見を


どのくらいの長さから巻くのかいまいち掴めなくて
巻き数が3~4巻と気持ち多いような気がするけどまぁいいでしょう多分w
20140205bass002.jpg
ちなみラルクのtetsuモデルの特徴はこのヘッドの形がリバースになってますね
通常のフォレストはヘッドの先端から左肩下がりに  /│
リバースヘッドは右肩下がりに |\  


ジャック部分からすごいガリがでてたんですが、接点復活スプレー吹いて綿棒でガシガシこすったらなくなりました
またジャックの抜き差しが緩かったんですが、ジャックの挿してプラグの先端があたる部分を内側に手で曲げたら
いい塩梅になりました( ^ω^)
20140205bass001.jpg

前回、ネック逆反りかもと書きましたが新品の弦張ってチューニングしたら
いい感じにネックが順反り方向に戻ってきました(∩´∀`)∩
オクターブチューニングも合わせてボディもピカピカにして完成
20140205bass003.jpg









スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

コメント

非公開コメント