2015/11/24

ペンタトニック・スケール

最近、朝の冷え込みが厳しくなってきましたね:(;゙゚'ω゚'):サムィー

こたつは早めに投入したけどストーブはまだ温存してましてね
そろそろ、ストーブも準備しないとな(;^ω^)

教本の地獄シリーズはスケールが続いてますが
今回はペンタトニック!
酒でありそうだけどね、ペンタのトニックウォーター割りみたいな( ^ω^)

ちなみに私はペンタというと真っ先に思い浮かぶのが、FF11の槍のウェポンスキル
ペンタスラストですね。ペンタはギリシャ語で5と言う意味なので、これは槍で5回突く攻撃
ペンタゴンというと英語で五角形、ゴンさんが5匹いても多分ペンタごんですね

大分話がそれましたが、スケールで言えば5音階という事になります。


このスケールはロックの代名詞、ロックと言えばペンタトニックと
教本=小林信一氏は言っております。

まぁとりあえず弾いてみました。


このメインフレーズは、Aマイナー・ペンタ・トニックで作られていて
ポイントは、この構成とポジションを覚える事と
フレーズが3音をひとつのブロックとして、下降するパターンとなっているので
3音区切りに惑わされることなく、リズムをキープせよとのことです。

ちなみに、このバッキングトラックは、以前弾いた
地獄のベーシック・トレーニングシリーズ リフを刻むためにのフレーズですね。
今回は(今後も)お手本音源のバッキングを使用してますけど、竹の巻のバッキングはすべて梅の巻で弾いたフレーズが使用できるようになってます。


使用ギターはSuhr
アンプモデルはMESA/BOOGIE Mark IV
20151124RP360XP001.jpg
最近、練習フレーズでころころアンプモデルを変更してますが
ただ単にメサブギーを使って見たかっただけです(ゝω・) テヘ
レクチファイアとかもあるだよ( ^ω^)



スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

コメント

非公開コメント

No title

>ゴンさんが5匹いても多分ペンタごん

ヽ(*゚∀゚*)ノ

想像して、喜ぶ私。

No title

オレもようやくGT100いじくってますがよくわかりません(´Д`;)
メサ・ブギーもありますがサンタナっぽくなりません。
ZOOMのシュミレーターにはCarlosってパッチがあってまんま使えるみたいなんですが・・・。
どこをどう調整すれば哀愁のヨーロッパとかSmoothみたいな鳴きの音が作れるのか・・・
アンプ2台使って・・・なんて記事もありましたがパラメーターがまったくわかりません。

しかしその前にオレも練習だよな(´Д`;)
すっかり前回ので燃え尽きてだらけまくってます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Re: No title

>>エリイナさん

単にパグが5匹というわけじゃなく、ゴンなので
私も想像するとコタツには5匹同時に潜り込んできたり
5匹揃って歩きながらウ○チしたり、大変そうです(;^ω^)

Re: No title

>>はんく・シュンタナさん

GT100はダウンロードパッチがあるみたいですけど、それにもないんですかね?

ご存知かもしれませんがGT100攻略本もあるんですけど
手に入りにくいようで、プレアミ価格になっちゃってるんですよね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4401639693

燃え尽きる気持ちわかります。
フルで1曲コピーしてアップすると、達成感ありますしね(笑)

No title

その攻略本チェック済みです。
だいたいがユーザー登録していてローランドの担当者がそれ教えてくれたけど高くて文句言ったら「すみません」だけでしたW
むしろ同じプレミア価格ならこっち買いますよW
http://goo.gl/6pGnJI

使い方はOKなんですが音作りの基礎が無いですからねぇ(´Д`;)
ソッチのほうの勉強が先のようですW

Re: No title

>>はんく・シュンタナさん

私も興味があるんだけど
アンプ&エフェクター入門て本も結構良さそうですよ( ^ω^)
http://www.amazon.co.jp/dp/4401748948

ただ、BOSS贔屓の本みたいなので私はそこで躊躇してたんだけど、GT100ユーザーならストライクな感じがしますw

良くお邪魔しているブログがあるのですが、そちらでこの本の練習音源をアップされてます。
http://pasomiki.cocolog-nifty.com/blog/cat23759771/index.html