2015/12/23

TZR250R

今日も先日のケリーを眺めてしまった(´ε` )ウーン…

それと同時に、ショップでの打痕リペア料金を調べたりしちゃって
リペアを調べるという事は、やはりオクの個体の打痕が気に入らないんだよなぁ

プロに直してもらうと、欠けた部分埋めてから塗装とかだから
安いギターが1本買えちゃうくらいの工賃かかりそうよね(;^ω^)
オク締め切りは明日だけど見送りかなぁ。



本日の記事本文はこっち、前々回のRGV250Γの記事の続きになります。

ガンマを手放して、しばらくNS-1に乗って
それでミニバイクサーキットを良く走ってたんだけど、バイク仲間や知り合いが多いと
良くツテで、バイク買わない?とかパーツ買わない?という話が沢山回ってくるんですよね
しかも相当お得な値段で。

ある日、ホンダ車をメインで扱っているバイクショップに、TZR250Rが下取りで入って来たそうで
そのままノーメンテでほぼ下取り価格の状態でいいから買わないかと言う話が来ましてね

すぐさま飛びついてしまいました( ^ω^)

この時期は各メーカがレーサーレプリカに力を注ぎ込んでいて
前回のガンマはわずか2年で大幅に仕様変更が加えられたりしてね

ライバル社のホンダNSRやスズキガンマがV型エンジンで発売する中
ヤマハTZRは後方排気のパラレルエンジンのマシンを89年に出すのだけど
V型の波には逆らえず、わずか2年でモデルチェンジとなり

満を持して、ヤマハが送り込んだV型がTZR250Rですね。


走ってる写真しかなかったのだけど、こんなの( ^ω^)
場所は現在で言うとこの、神奈川県宮ケ瀬ダムですね
この時はまだ工事中で水も張ってない状態ですよ。

20151223TZR001.jpg

この場所は走り屋には、Qちゃんロードといえば通じますね、雑誌にも取り上げられたりしてたので
いちおうQちゃんロードの名前は、走り屋の中では全国区だと思います( ^ω^)

誰が名付けたかは知りませんが、おばけのQ太郎の意味でのQちゃんですね
上の写真のコーナーを含めて連続するコーナーは
ドロンパコーナーと呼ばれていました。

たしか由来は、特定のギャラリー場所から眺めてると、木々や高低差で
ライダーが見え隠れするのが由来とかなんとか聞いたことがあります。
20151223TZR002.jpg


このバイク倒立フロントフォーク搭載でね、当時は倒立に憧れてたのよね
見た目が格好良いしね!

前のガンマに比べると、良く曲がる曲がる

エンジンはガンマみたいなピーキーな感じはなく乗りやすいんだけど
パワーバンドに入った瞬間の爆発力みたいのが感じられなくて
個人的にはそれがやや物足りなく感じたかな
結果的にはエンジンがフラットにふけ上がって速いんだけどね

R20151223TZR001.jpg

なんだかんだで当時は、レーサーレプリカならホンダ車最強でしたね(;^ω^)
峠でも50CCはNSR、250ならNSR、CBR 400ならCBRやVFRと
どこいっても見かけるし多い事、多い事

TZRやガンマは少数派でしたね。

実際速いしねNSR
借りて乗ってビックリした、なんぞこれって
速さもさることながら、すべての面でバランス良く高次元でまとまってた感じ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

コメント

非公開コメント

No title

お~と、攻めてますねぇ!

残念ながら私の場合は、まわりに峠野郎がいなかったんで
この手の写真が残ってないんですよねぇ (-_-;)

一人で行って、一人で楽しんでただけでした (^^♪

Re: No title

>>童心親父さん

当時は今みたいに高性能で安いデジカメとかないですし
仲間内では、望遠レンズ持ってるカメラマンが神の如く貴重な存在でした(笑)

ピンボケとかは単純に腕のせいだと思いますが
しょぼいカメラだと前回のガンマの椿ラインの写真みたいに小さくてねぇ(ノ∀`)タハー


私もしょっちゅう1人で夜中とかにプラっと箱根とか行って
攻める事も多かったんですが
今思うと深夜の峠で1人で事故とかマシントラブルが起きてたらと思うと怖いですね。

No title

初めまして。
最近の事しか知らない者からするとQちゃんロードがこんなに綺麗な路面だったなんて信じられないですね…
今ではガタガタで荒れ放題ですが、それでもまだ走ってる人がいます。
あまりの路面の美しさに驚いて思わずコメントさせて頂きました。。

Re: No title

>>esさん

初めまして!コメントありがとうございます( ^ω^)

私も数年前に、現在のQちゃんロードを写真で見まして
減速帯だらけの路面に驚きましが、どこもこういうスポットは対策されてきたので
まぁ仕方のない事なのかなと思いました。

当時は、峠の常連や仲間内でゴミを出さないようにゴミ袋持参したり
空き缶などがあれば拾ってまとめて捨てたりして
潰されないように些細な努力はしてたのですが、やはり危ないですしね(;^ω^)