2013/04/11

ロックスミス専用 リアルトーンケーブルの使いみち

前にもちょこっとマルチエフェクター欲しいなぁなんて書いたのですが
購入候補を絞るとZOOM G3かPANDORA mini

そしてエフェクターじゃないんだけどモデリングアンプのFenderのMustang1かMustang mini
このMustang mini買う気満々だったんですがどうやら
USAではMustang1 V2というモデリングアンプ&エフェクターが増えたヴァージョンが
今年発売されたようで、どうせならこれが欲しいかなみたいな
日本国内でいつでるかもさだかではないのですが(;^ω^)


上記の商品に共通してるのがUSB接続でPC上で各パラメータの設定ができるんですよね
そして重視した点がそのままPCで録音ができるという事
ZOOM G3とMustangはオーディオインタフェース搭載で
付属のソフトウェアでばっちり録音可能

PANDORA miniだけはオーディオインターフェース非搭載
ヘッドホン出力からPC接続して録音もできるんでしょうけど
調べた限りだと音やせしたり遅延したりするので余りおすすめできないとの事
このPANDORA miniの魅力は低価格と圧倒的なコンパクトさ

ここでふと思ったのがヘッドホンアウトをラインで繋ぐよりも
アウトプットからリアルトーンケーブルで繋げば少しマシなんじゃないの?(根拠はない( ゚д゚ )クワッ!!)
つーわけで実際にPCで鳴らせるか&遅延はあるのか等をテストすべく
いくつかフリーのソフトウェアを試してみる事に



ロックスミスのリアルトーンケーブルはPC接続で使うと
マイクデバイスとして認識されるので
ロックスミスを起動しなくてもPCでギターを鳴らすことが可能
20130411VST003.jpg

↓のリンクページを参考にまずREAPERを試したのですが
無料でパソコンをギターアンプシミュレーター化する

ASIO4ALLドライバの設定がどうにもうまくいかない(;^ω^)
ダイレクトサウンド使うと遅延しまくりの、音声が遅れて出るいっこく堂状態でお話にならないし

本来こういうのは追及して使えるようにするたちなんですが
あっさりスルーして他のソフトを試すことに( ^ω^)

あくまでもテストというかリアルトーンケーブルが使えるかどうかの確認&別段必要にせまられてない
というわけで今回は導入の詳しい仕方等の説明は省いていきます


次に試したのが
VSTHost
結論から言うとこれはストライク ASIO4ALLもばっちり認識
遅延もほとんど感じられない
さきほどのアンプシミュレーター化するのリンクページにも紹介されてた
Free Amp 3も導入して鳴らすことに成功

Free Amp 3は無料なら十分といえるレベルかもしれませんが、ロックスミスのアンプと比べるとかなり
物足りない印象
20130411VST001.jpg

ついでにLine 6 / Pod Farm 2.5のフリー版も試したみた
やはりフリー版は使える機能が少なくて物足りないですね
ちなみにバックで音楽を鳴らしながら録音する事も可能でした
20130411VST002.jpg

ソフトウェア版のアンプシミュレーターを買えば当初の目的は果たせそうですが
とりあえず現物というか箱が欲しい(*´Д`)ハァハァ ソフトウェアだと本当にPCでしか使えないですしね



で、PANDORA mini+リアルトーンケーブルでどうなるのかは誰か試してくれないかな(人∀・)タノム






スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

コメント

非公開コメント