FC2ブログ

ハッとした

@10日ほどで深夜の地下作業も終了だけど
疲労もピークに達してきた(;゚∀゚)=3ハァハァ

集合場所から往復で作業員も乗せてくから車がめちゃ汚いw
20190605001.jpg

本職で使う工具は、普段は車が物置代わりにもなってるので
家に置ききれない分は雀荘に保管

常連さんにもっと綺麗にしたらと!と良く怒られてます
奥の方にも大量にあったりして(ノ∀`)
20190605002.jpg

さて本日のタイトルですが
ハッとして~グッとして~

( ^ω^)…
じゃなくて まぁ最近実際にハッとしたことがあって


前回の記事で温泉の事を書いたんだけど
それをツイッターで、その温泉からイイネを貰ったんですよ
a220190605001.jpg

いやまぁこれ自体は、ある話というか
良く考えれば昔、アンプリチューブ4のことを記事にかいて
そのメーカーからイイネやリツイートで紹介されたこともあったのを思い出しましたが

前回記事を書いたときは、何も考えず
横須賀行ったらここの温泉よかったよ~おすすめだよ~的に
当ブログの常連さんや横須賀ツーリングに行くライダー向けに
書いたようなつもりだけど

実際の現地の関係者や当事者ももちろん目にする可能性があるということを
あらためて認識しました。


いやね
別にやましいこともしてないし、記事の内容も普通だとおもうので
これ自体はな~んの問題もないんだけど


これがさ
露天風呂でするオシッコは最高です(ΦωΦ)フフフ…(そんなこともちろんしないけどw)
とでも書いていたら、関係者の方からのリツイートからの大炎上
からの本人特定&住所特定コンボもあり得るでしょ

もしくはそこの従業員とトラブルがあって
アイツは使えねぇみたいなことを書いたとして、事実こちらが正論としても
逆にその記事を読まれて逆恨みを受けて
こっちが嫌がらせを受ける可能性もあるという事



ようは安易な発言で
下手すると人生終了するくらいの可能性がSNSにはあるよね
気を付けないとなと改めて思いました。

今年の2月くらいに
ラーメン屋の店主が、ラーメン食べに来店した
たむけんに記念撮影してもらって、それをネットにあげたんだけど
その時、「カメラがなかったらおもろ無いヤツでした」と発信したばかりに
大炎上して5月には閉店に追い込まれました。

ラーメン屋「いさむ」閉店 たむけんにツイッターで「面白くない奴」発言

まぁこれは自業自得なとこもあるけど
連日、昼夜問わずイタ電がかかりまくってきたりと
営業妨害レベルで行き過ぎなとこもあるようにも思えます。



もうひとつ
やはり今年の2月で記憶に新しい人もいるかと思いますが


京都で飼い主から散歩中に虐待を受けていた犬のレトリバーが
保護団体の人に無事保護されてニュースでもかなり取り上げられていましたが
「蹴り上げ虐待」を受けた犬、動画告発で保護 現在の様子

私も犬を飼ってますし動物好きなんで
当時このニュースを見て、その飼い主に対して非常に許せない思いと
さらには無事保護されて良かったと一安心しましたが

その反面
賛否両論あるように、なんでもかんでもネットで拡散するというのは危険なようにも感じました。

犬を蹴って虐待の京都の女性特定される SNSに動画をあげるよりも警察や愛護団体に連絡するべきでは?


このレトリバーが保護された経緯というのは
アップされてた動画から、保護団体の方がアプリのグーグルアースなどを駆使して
数時間かけて場所を特定して、現地に行って情報収集して探り当てたということです。

数時間の労力をかけたとはいえ、警察捜査とかではなく
ごくごく普通の一個人がその本人を特定出来たという事

これって結構怖いことのように思います
その特定した人が本当に保護だけが目的だったから良いようなものの

行き過ぎた正義というか
中には犬と同じような目に合わせてやる!と思ってるやつもいるんじゃないかと思います

いずれにしても虐待してた女性は、住所も名前も特定されてしまったようですが
そこまでを見越して拡散してるような気がしなくもないですね
ネット民に裁いてもらおう的な


SNSは使い方によっては
自分の行動パターンや良くいく場所、過去に上げた写真などから
本人特定される可能性もあるので、特に女性の方やお子さんとかは
犯罪などに巻き込まれないように気を付けないといけないなと


今日から家族全員で海外旅行してきまーす
みたいなのとかもってのほかよね
家に誰もいないんで泥棒入ってください宣言みたいなもんだしね

今回、のイイネひとつからハッと気が付いて
あらためて気をつけなきゃなと思ったわけです 
スポンサーサイト



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment