FC2ブログ

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 開始

今日は今年初めてお店に行ってました。

というかめっちゃ久々
雀荘儲かってはいませんがなんとか潰れてませんw

地下鉄の深夜の現場が長期であったり
別に昼の現場仕事があったりして
中々大変だったので
昨年夏くらいから、雀荘に父が住み込んで店開けてます。

なので今はやたら生活感のある感じに(;^ω^)
まぁ風呂はないけど座敷もあるし寝れるしね
20200113003.jpg



前回記事でお伝えした通り
ダークソウル3はひとまず区切りがついたので


ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団を始めました( ^ω^)
Steamが発売されたのが1年ちょい前なんだけど、当時からやってみたかったのよね

中々プレイするタイミングが合わなかったけど
セールで安くなってたし、今年最初にひとまず購入だけしておいてたのを
ついに解禁!


ジャンルで言うと3DダンジョンRPGですね

近年だと世界樹の迷宮のヒットで少し勢いを盛り返して来たジャンルですかね

私はこのジャンルの元祖といえるウィザードリィシリーズが大好きでね( ^ω^)

ファミコン世代なんで当時のPC版はやったことないけど
ファミコン以降はゲームボーイ、ス-ファミ、プレステ、サターン等
ウィズ系が出るたびにすべてやってきました( ̄ー ̄)ニヤリ


つっても
今さら昔のウィザードリィーとかシステムそのままにやっても
明らかに地味で物足りないとは思いますが

現代のは、昔の良さを残しつつ今風に仕上げてますね


3Dダンションと言いつつ、見た目的にはこういう地上ぽいとこもあるけど
基本的には右上に表示されてるマップがあるようにマス移動

移動してると敵が現れて戦闘開始、倒して宝箱から装備をゲット
みたいのが昔からの様式美
レアな装備をひたすら出るまで倒しまくるハクスラ要素も強いのがウィズ系の特徴でしょうか
20200113002.jpg

ダンジョン探索メンバーはすべて自分でキャラメイクして
特定の主人公がいないというのもウィズ系の特徴でもありますね
(例外もあるとは思いますが)

例えばこのゴンさんが特にシナリオに絡んでどうこうというのはないですw
あくまでも戦闘要員
20200113001_R.jpg

シナリオに絡むキャラは別にいて、フルボイス&テキストで進行していきます
まぁそのへんは探索メンバーとは別にうまい事絡み合ってます
20200113001.jpg

元祖のウィザードリィーは最大6人PTで探索するんだけど

このルフランの地下迷宮は
最大40人とかいう頭がおかしい(誉め言葉)ことになってるので

そんなにキャラメイクで名前が思いつかないよね(;^ω^)
まぁ実際に直接、敵とバトルするのは15名までだけど(残りはサポートとしてステータスアップ要因みたいな感じ)
それでも多いよね


とりあえずギターメーカーでお茶を濁してますが
意外とマッチしてるw
20200113002_R.jpg

それもそのはず
サーとかフェンダーとかギブソンとかみんな創始者の名前だしね

でも日本のギターメーカーで仮に田中とかあっても微妙よねw
ヘツドのロゴに田中!って


話が少しそれたけど
最近までやってたダクソ3と違って
寝転びながらでものんびりとやれるゲームですね

3DダンジョンRPG初の人にもこれはおすすめできるよ( ^ω^)


スポンサーサイト



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment