FC2ブログ

Winning Post 9 2021

|ω・`)ノ ヤァ

今月、アウトライダーズを購入したばかりだけど
またしても新作のゲームを購入しちゃいました( ^ω^)


競馬ゲームのWinning Post 9 2021

毎年でてるシリーズ物ですね
世間での、ウマ娘ブームのせいか
今作のウイニングポストは非常に注目されてるらしい


かくいう私もウイニングポストやるのはプレステ2時代以来w
さぞ進化してる事でしょう

ダビスタをファミコン時代からやっていただけに
昔の馬のほうが知識も思い入れもあるので


開始年は1984年からスタート
難易度はハード

20210416wp001.jpg

開始してすぐ思ったのが、この年代で開始しても
レースプログラムがばりばり現代の最新版なんで
違和感があるちゃーありますw

重賞の名前も
弥生賞ディープインパクト記念とか


まぁそれを逆手にとって


ゲーム序盤で幼駒を買う機会があって
どれにしようか列伝を見ながら迷っていると

ドウカンジョーという史実馬

ダート適性は非常に高い素質はあったようだけど
当時はダート路線がなく本領発揮できなかった模様
20210416wp003.jpg

ならばこの馬買って
当時にはなかったダート路線やらせてみるかと

地方G1だけど
かしわ記念とジャパンダートダービを獲ることに成功
20210416wp002.jpg

その後、セリにスーパークリークがいたので思わず7億かけて購入
牧場資金残り5億と経営カツカツになりそうな額

まぁこの馬が強くて走るのはわかりきってるからね


史実と同様に最初のG1タイトルで菊花賞を制覇
20210416wp005.jpg

鞍上は武豊
20210416wp004.jpg

もちろん武豊以外乗せても良いんだけど
スーパークリーク=武豊でしょ


数戦使い続けてたら異名が
若き天才の恋人になってた

言わんとすることはわかるけど牡馬なんだけどね(;^ω^)
20210416wp006.jpg



翌年にはあっさり凱旋門賞制覇
難易度ハードなんだけど、こんな簡単に獲れるもんなのかな?
20210416wp007.jpg


その年の年度代表馬も獲得

20210416wp009.jpg

と、ここまで順調にプレイしておきながら
非常に悩ましいことが1点

上記の武豊のように実名騎手はいるんだけど
どちらかというと大半の騎手は偽名

それをエディットでリネームは可能なんだけど
とんでもなく膨大な数なんで直すの面倒だしと
気にしてなかったのよね

ところが世の中には神がいるもんです

それらをすべて実名化してファイルとしてアップされてる神が!

だむずうぇぶろぐ。jpさん
Win版 Winning Post 9 2021エディット済データ

これを
ドキュメント>KoeiTecmo>Winning Post 9 2021>EDITにぶちこむだけで実名化

ちなみにEDITフォルダがない場合は
ゲーム立ち上げてEDITを押すと生成されるはず


で、重要な事なんだけど

エディットを適用するのは
プレイ途中からは不可なのね


凱旋門も勝ったし最初からやるのはなぁと悩んだけど
プレイ開始してあまり年数も経ってないし
やりなおすなら今でしょ!て感じで
また最初から開始(ノ∀`)


エディット〇になってるがリネーム後のやつ
偽名だと気が付かなかったけど田原成貴とかおるやん( ^ω^)
20210416wp010.jpg


偽名の騎手は顔グラも汎用のモブ顔なんだけど
能力値はちゃんとそれっぽくなってるね
20210416wp011.jpg

やっぱ実名のほうがテンションあがる!


また最初からという事で、これを機に
DLCも買ってしまった(ノ∀`)タハー
20210416wp012.jpg

遊ぶぞー
スポンサーサイト



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment