FC2ブログ

SCHECTER / Synyster Custom フレット磨き

くそ暑いですね(;^ω^)

昨日も朝、webで天気をチェックしたら
日中は危険な暑さ、とか書いてあって
危険てなんだよ…
ここは日本だ、そんなに危険なはずはないやろー┗(^o^ )┓三

…なるほど、たしかにこれは危険だ:((´゙゚'ω゚')): ピクピク


帰宅して、酒を飲みながらAvenged SevenfoldをYoutubeで見ていたら
最近、Synyster Custom触ってないなと思い、弾こうかなと思って
ケースから取り出したはいいけど、フレットのくすみが気になって気になって
弾くどころではなくなったので磨くことに。


必殺のマスキング!!
20150715syn001.jpg

ハイフレットは、特にくすんでます。
買ってからもうすぐ2年だしなぁ

マスキングも大変だから、こういうプレートのを買おうかなとも、前に思ったんだけど
レビューとか見ると結局隙間ができちゃうから、指板にコンパウンドがついちゃう的な
レビューが多くて、そりゃそうだよなと思い、面倒だけどもテープスタイルです( ^ω^)



マスキング貼る時間にたいして、磨く作業はあっつーまに終わります。
少量コンパウンドつけて軽く拭くだけでピカピカになります。
20150715syn002.jpg





弦交換時のトレモロ固定用のSHRED NECK TremBlockも久しぶりの出番
フロイドローズはこの1本だけなんでここでしか出番がないのです。
20150715syn003.jpg


このギターは、買ってすぐにチューニングをずっとドロップDにしていて
今年入ってからはEスタンダードに戻していたんだけども
今回はまたドロップDにしてしまおう。

Avenged SevenfoldのtabがドロップDばかりなのですよ。


しかし、フロイドの弦交換するたびに思ってますが
弦張替えマンドクセ━━━━━━('A`)━━━━━━!!

しかも、張ってチューニングしようとしたら
トレモロのインサートブロックの締め込みが甘くて
6弦がすっぽぬけちゃったりしてね
これはフロイドあるあるなんじゃなかろうか?
(え?お前だけだろって(;^ω^))

今回はドロップDに変更なんで、ただ張るだけじゃだめなんですよ

スタンダードチューニングと比べると、弦全体の張力が変わるので
チューニングが決まった時にフロイドローズが平行になるように
裏側のスプリング調整もしないとね


酒飲みながらとはいえ
気が付けば、フレット磨き作業開始から余裕で3時間越えてました
ロック式ペグのSuhrは張るだけなら10分かからんすよ(;^ω^)
スポンサーサイト



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment